今日も

行ってきました

スロット!

結果はトントンw

まぁ、負けるよりは良いか(笑)

お菓子が大量にもらいましたw

普通にどうしようw

まぁ客でも来たら食べるか!

XJAPAN

f:id:purinja:20180427224829j:plain

言ってはなかったけど、私はXJAPANの大大大ry ファンです。

学生時代からずっとXには支えになってもらっていた。

本当に永遠に聞いて涙した夜もいくつもあった。

今日はYOSHIKIの特集が金スマでやっていました。

もうYOSHIKIは本当に素晴らしい!

すごいですよね!

彼は尊敬とかいうレベルではない。

もう人間ではなく神の領域です。

本当に人としても何をとっても立派だと思います。

TOSHI・YOSHIKITAIJI・HIDE・PATA・ HEATH・SUGIZO

全員、素晴らし 俺はXJAPANを今より有名じゃない頃から知っていて、Xは年々尊い存在になって来ている。

本当にここまで大きな存在になることは嬉しかったし、俺にとって希望だった。

でも、HIDEの死やTAIJIの死やTOSHIの洗脳騒動だったり幾度となく試練があった。

それでも、ずっと進み続けるXに俺は感動した。

最初にXJAPANを聞いたときは衝撃やった。

何気に父親が聞いていたXJAPANのCDを聞いた時に、目の前に映像が広がった。

ピアノやTOSHIの声、PATAやHIDEのギターなど、俺は生きてきたけど目の前が何もかも綺麗なものになる感覚になった。

不思議といえば不思議。

だが、XJAPANの紅を聞いた際に俺は我を忘れた。

無我夢中で、聞きに入っていた。

俺が見えないのか
すぐそばにいるのに
紅に染まった
この俺を慰める奴はもういない
もう二度と届かないこの思い
閉ざされた愛に向かい
叫びつづける

なんともいえない、我の中の魂の叫び。

そんな感じだった。

俺は悔しいことや、悲しいことや、無理なことがあるといつも紅を聞いて、自分を震え立たせていた。

そう紅こそ俺の原動力なのだ。

素晴らしい歌詞に素晴らしいドラム。

もう何とも言えないぐらい、落ち着いた。

俺は人に誰のファン?と聞かれると必ずXJAPANと答えている。

何より、好きなのだがライブはいったことがなかった。

ライブに行ってみたいと思う。

お金が貯まったら本当に今すぐにでも行きたい。

生きているうちに、一目見てみたい。

そう思います。

俺は死ぬまでXJAPANのファンだから。

生まれたのは少し遅かったけど、XJAPANが生きている時代に生まれて幸いだと思う。

本当に思う。 ここまで好きになれるバンドはもう居ない。

そんだけ好きなのだ。

何が好きかと言われると、全部。

全部好きなのです。

高校時代に、文化祭でXJAPANの SILENT JEALOUSYをバンドで流している人たちが居た。

俺は文化祭が終わってから、すぐさまボーカルの人に素晴らしい演奏をありがとう!!と伝えると、XJAPANは偉大だと言っていた!

本当にそうだと思ったし、何より俺の時代でもXJAPANは不変ということだった。

XJAPANよ永遠に!