結論

無理でした

死ねなかった。

というより、死ななかった。

うん、そりゃそうだ。

俺が死んだらあいつと一緒になる。

今日は会社休んで、もう色々とあきらめた。

やっぱりエンジニアとして生きていくということは浅はかすぎた。

求められる、

  • 知識
  • 言葉遣い
  • 効率
  • 正確さ
  • コミュ力

いや、そんなものではない、俺は生まれた時からすでに終わってたということを嫌というほど実感した。

学歴から何から、全て俺にはなかった。

あるのは負い目だけ。

常に弱者だった。

もうこんな人生とはおさらばしたい。

人を殺してでも。

今から

とある会社の社長と食事に行く事になりました。

私のブログにコメントはつきませんが、見てくれている人は見てくれている。

ただ見ているだけのやつは、見なくていい。

色々と自分でやってきたつもりだが、何もかもうまくいかなかった。

このブログもする必要がない。

まぁ、自分の記録の為にやってるだけ。

webの勉強はやっていても、悪い方向にはいかないのでやっていくつもり。

とりあえず、思考力がないからこんな文章しか書けない。

もうかなり終わっている。

たまには、弱音も吐く。

ちなみに、このブログ、アクセス数だけは

上がっている↑ (笑)

まぁ、私はブロガーになろうとか思っていませんが。

でも、何万PVになればそれもありかなと考えている。

それだけ。

冷静になってみると

エンジニアって職業は、かなり制限されていると思う。

俺は色々な情報から、エンジニアになりたくてもなれなかった人の話とか聞いてる。

100社受けて100社とも駄目だったとか。

エンジニアって、誰でもなれるよ。

はっきり言って。

だが、なってから続けれる人はほんの少しということ。

はっきり言うが、入社が難しいやつが続けられるとは思えない。

辞めとけ。

ほぼブラック。

アーキテクト設計や、ロジカルシンキングが出来ない奴はもう使えない。

今は、普通に機械学習とか使えないと難しいし1つの言語だけやってる時代じゃない。

SEだけやってて食える時代じゃねーんだよ、

マジで。

多分SEだけやってて食えるっていうのは、堅牢なコード書けてユーザーの本当に求めてるものを的確にリリース出来るプログラマーであって1度間違うとそれが駄目になるっていうまぁ不可能な話。

もう1度言う、SEだけはやめとけ。