いつもの雑居スペースで

友人を待っています

ラウワンの雑居スペースで、友人を待ちつつはてなブログを書いております。

何か一山、乗り越えたのに、もう一山きそうです。

というのも、色々と金銭的に余裕がなくなり仕事を頑張っていても全然収入がありません。

どういうことでしょうか?

f:id:purinja:20171204145755j:plain

はい、会社の売り上げが悪いからです。

それに人件費が増えたことによる出費。

そこで、私の給与は安くこき使おうってことが丸見えです。

もういい加減、違うところ探したのが良いかもしれません。

現に私の上司は、この半年ほどで五人ほど退職しました。

それで、私は新人からいっきに上層部の人間に近くなりました。

給与は変わらずに・・・。

そろそろ分かってきた

私のいる業界(Web)は、普通(ルーティンワーク)が好きな人では生きてけません。

というのも、常に最先端の技術を必要としそれを正しく取得し実用レベルまで持って行かないと仕事として成立しないからです。

本当に極端にいうと、WWWを発明したティム・バーナーズ=リーの様な活躍でもしない限り、この業界で名を残すことはないのです。

なので、常にアンテナを立てておいて情報収集が一種の生きる糧になります。

私は、常に情報は取得するようにしていて、
・本
・WEB
・人
などさまざな経由で日々自分の頭の中にある情報を更新しています。

それでも、この業界でやっていくにはかなり大変なことです。

ただ、知見が広くても自分の能力が悪かったらそれを引き出すことにも時間がかかってしまいます。

それでは、実用レベルではとても使い物になりません。

そこでものを言うのが、 経験です。

私は色々なエンジニアの方と接してきて、分かったことは、やはり経験が豊富な人は仕事に間違いが少ないということです。

経験が豊富になってくるにつれて、ルーティンワークではなく自分で考えてこれは大体こうだと予想がつきます。

そうなれば、10回目よりも100回目には新たな考えが浮かんでるかもしれません。

人間の脳もDQN(deep Q-network)に似ていて、自己学習機能があります。

やはり回数をこなすことにより、一定の改善は得られることは間違いはないかと思います。

ですが、その一定には個人差があるので、人それぞれですが少なくとも1回目よりは改善に向かっているはずです。

1回目以上の回数で、悪くなっている人は努力していないか、真面目にやっていないかのどちらかだと私は思っています。

要するに、何もしない人が大きな結果を残すことはできないということです。

みなさん、すごい人ほど努力はしているということなのです。

努力と才能、どちらも必要です。

才能がすごい人もいますが、努力もすごいです。

鬼に金棒です。

私の場合は、どちらもあるか分かりませんが、とりあえず必死に頑張っていますが、あまり結果は残せていません。

ですが、これからちょっとベクトルを変えて、頑張っていこうと思います。

少なくとも、今よりは改善されることを期待して・・・。