復職から1週間たちました

そろそろアレが気になりはじめた・・・

今日は、起床してから電車に乗ってる途中に、アレが気になりはじめました。

そう、人の目線

なんか、変な汗が~と思って、寝てるふりしていました。

そしたら、胃が痛くなってきて。。。

もう会社についたころにはかなり胃痛になっていました。。。

復帰から1週間で、こんな調子じゃ長続きしないかもしれない。。。

で、今日は社内のミーティングで上司Kが色々と怒っておりました。

私たちがやっている仕事で、取りこぼしがあったようで上司Wが露骨に怒られているのを目の当たりにしてしまって、私は立つ瀬ありませんでした。。。

私がずっと下を向いていたので、上司Kは察してくれたのか、説教は終わり業務に入りました。

今日で、復帰してから最初の業務はひと段落ついて次のステップにいくことになりました。

明日からは今よりちょっと、難しい業務に入ります。

出来るかなぁ。。。

まぁ、一つ一つやっていくしかない。

とりあえず、今日はクリア、明日も頑張ろう。

友人と知り合いが

仕事をやめていました。

1人は高校時代からの友人Hで、今はあまり付き合いはないのですが、本当に親友と呼べるほど仲が良かった友人です。

そんな友人Hが、仕事をやめるとTwitterでつぶやいていたのです。

私は、心配しましたが、そっとしておこうと思いました。

でも、精神的に病んでいるみたいで、仕事のときにあった出来事など書いているのを見て、私はやり切れない気持ちになりました。

友人Hのつぶやきを見ていると、「なんで居てるの?って言われた」「暗いよって言われた。」「もう限界だ」って書いていた。

その友人Hはテスターの仕事をしている。

テスターの仕事の経験もある俺は、甘い世界じゃなく、精度がものを言う仕事だった覚えがある。

この友人Hは俺と似ていて、結構転職もしていて、ことあるごとに精神的に参ってしまい離職をしてきたのだ。

私は、職場の闇を感じた。

やはり、甘い世界ではやっていけないから、この年齢になると仕事量を求められる。

彼も成長するときがきたのだと思った。

でも、もう今月末で離職してしまうみたい。

残念だが、彼の選んだ道を俺は見守ることしかできない。

とりあえず、死ぬぐらいのことがあれば絶対助けるつもりだしそれ以外は手は出さない。

とりあえず、俺は今は頑張ろう。

もう一人は、いつも読んでいるブロガーさんだった。

彼は、色々と訳アリな人で、今月からデータ入力の新しい職場に入ったところだった。

だが、一昨日のブログを読んでいると衝撃が走った。

どうやら、会社の課長と喧嘩してしまい、退職したのだそうだ。

で、そのときのやりとりの詳細がブログに書かれていて、俺は目を疑った。

ここで詳細は書かないですが、明らかに不公平な扱いをされていてまさに人間扱いされていないような仕打ちをブロガーさんはされていたのだった。

これはキレるとかキレないとかいう問題ではなく、仕事として成り立たないのじゃないかと思った。

そんな仕打ちを幾度もなくされて、ついにブロガーさんはキレてしまい課長の胸倉つかみかかって蹴って職場から去ったとのことだった。

本当に色々と仕事の闇を感じる。

転職を繰り返す人に足りないことは、「我慢」だと人から言われたことがある。

確かにそうだと俺は思った。

でも、他にも足りないことはたくさんある。

このブロガーさんもそうだったのだが、やはりそもそもサラリーマン体質ではないのだ。

自分から進んで仕事をやる人は、雇われの必要がなく、指示されたことだけする人はそもそも仕事なんてものは出来ないのだ。

俺は、自分から進んで仕事をする前にまず考えて、これは無難に仕事ができるのであれば進むことにしている。

少しでも無理だと思えば、それは出来ない仕事だから全て却下する。

それだけで、良いと思う。

その線引きは人それぞれですが、やはり仕事が長続きしない人は無理をするから長続きしないと思う。

どんなことでも無理は駄目です。

俺は無理せず、頑張っていこう。