一日、ゆっくりしていました

今日は

なにもすることなく、一日ゆっくりしていました。

まぁ、たまにはこんな時も必要かなと。

本当は朝から病院に通院するか迷ってました。

でも、起床したらもう昼になってしまったのでゆっくりしておくことに。

まぁ、ネットでニコ生を見つつゆっくりしていました。

結構、ゆっくりできました。

最近、アクティブに行動していたのでたまには落ち着いてなにも考えない時間も必要かなぁと。

あと、昨日U-29を見ていました。

「漫画家」の話で、26歳の切戸 章平さんという方が主人公でした。

www.nhk.or.jp

もう寝る暇もないぐらい、納期や自分の技術を向上するために勉強していて、すごいなと思いました。

何よりもすごいのが、月収3万程度で漫画村みたいなところで住んでいて、かなり精神的にも厳しい環境で頑張ってるところがすごいと思いました。

切戸さんの頑張っている姿を見て、自分なんてまだまだ甘いなぁとつくづく感じました。

漫画家って、全然甘い世界じゃなくて、本当に賭けに近いです。

自分も、学生時代に漫画家の人たちを見てましたが、もう光が見えないような厳しい環境でずっと絵を描いているのを見ていて、PGと似たような感じではあるけど漫画家ってなれるのって一握りなんだよなぁと思ってました。

現に、漫画家になれたとしても、本当に一握りでほとんどは売れている漫画家のアシスタントや、ほかでバイトしながら食いつないでる方が大半だと聞いたことあります。

切戸さんも、色々とコンテストなど応募しているけど、受賞されたことは一度もなく、周りはどんどん出世していく中で年齢だけ重ねる自分に葛藤や焦りなど色々と出てくるけど前向きに頑張っている姿に心打たれました。

切戸さんの、漫画が出版されることになれば、読みたいと思いました。

今までは、漫画を読んでから漫画家を知っていたけど、漫画家を知ってからこの人の描いている漫画を読みたいと思ったのは初めてかもしれません。

漫画の内容はまだ分からないのですが、切戸さんの漫画が出版されることになれば1巻は完読しようと思います。

そんなこんなで、色々とみんな頑張ってるんだなぁと感じました。

でも、頑張ったら頑張ったぶんやはりその人は輝きを増すような気がします。

切戸さんを見ていても、自分の周りにいる20代よりもはるかに輝いているように見えました。

苦労した分、成長するって本当だなぁと思いました。

自分も技術を上げるために、時間があれば勉強しないといけないなぁと思いました。

エンジニアって、クリエイターとはまた別で、日々勉強になります。

私は、購読している週刊誌などはあるのですが、通勤途中の電車の中でなどしか読まず、家に帰宅したら本を開くことすらしません。

分からないことがあれば、仕事中にWEBで検索すれば良いし、社内のことは上司に聞きますし、特に家ですることって勉強といっても分からないんですね。

まぁ、開発するなら開発をすればいいですが。

自分の場合って、漠然とこんなシステム作ろう!とか思っても、行動に移す前に色々と考えてしまいます。

でも、この業界で生きていくなら、やはりITに疎くなってしまうと、生き残れなくなる。

常に、勉強することは大事ですよね。 そこで私が、developerならこれは読んでたら結構仕事で使えるってオススメサイトを紹介します。

・Qiita ・はてなブックマーク-カテゴリ:テクノロジー ・gigazineTwitter ・スタックオーバーフロー ・teratail(テラテイル) ・GitHub ・その他など

とりあえず、ざっと挙げましたが、ここら辺は勤務中や帰ってから見たりしています。

本当に、見るだけでも納得出来る記事がたくさんあるので、プログラミングで詰まったら見るようにしています。

私が、新卒でゲーム会社に入社した時は本当にネットにプログラミングの情報なんてほとんどなかったので、全て本を見て分からないことがあれば、上司に上手して教えてもらっていました。

その頃に比べれば、随分と開発は楽になったと思います。

いつも定時過ぎてから、上司に聞きにいくことがつらかったなぁ。。。

上司に聞きに行っても、上司はゲームしていて、ほとんど話すら聞いてもらえない日もあったし。。。

インターネットで情報化が進んで、WEBの開発とかも家でいてても仕事できるようになりましたしね。

この業界の、技術革新は指数関数のような進み具合です。

あと5年後すると、PCすらなくなっていて開発工程は人口AIがしていてただ管理するだけの人員しかいなくなってるかもしれません。

だから今あることだけ、勉強しないといけないということはないと思います。

自分で考えて、この勉強をしよう!この学習をしよう!その先のことを考えて、着手していくようにすればその技術は生かされるような気がします。

まぁ、そのために基礎的なことは学ぶ必要はあります。

私は、ソフトウェアエンジニアですが、ハードウェアの知識も勉強するようにして理解度が天と地の差ぐらい変わりました。

物理的な物質を理解し、それがどう作用しているか、は知ってて損はないと思います。

これからは、量子力学が進んできているので、その分野でIT業界も何かしら影響を受けて変わってくるような気がします。

今は、人工知能が注目されて、自動運転や顔認証など進んでいますが、十年後は当たり前の世界になっているかもしれません。

現にスマートフォンが、初めて出てからまだ10年もたっていませんがもう知らない人がいないほど普及されています。

指数関数的にいくと、東京オリンピックの時には、もうほとんどの車が自動運転になっているかもしれません。

そうなってくると、運転免許証制度が変わってくる。

法律が時代についていけなくなるのです。

だから、そこの職業が今後、需要があるのではないかと思っています。

まぁ、今でいうと弁護士や行政書士のような士業で、 IT専用の士業の職業ができてもおかしくないと思います。

あくまでも、予想なのですが、これからの日本はどんどん考えられないような方向に進むのは間違いないような気がします。

もう何十年後には、働くという概念すらなくなって、一人1台人口AIが変わりに働いていてそれを管理するだけの時代がくるかもしれません。

まぁ、とりあえず今は頑張って働くしかないですが(笑)

では、そろそろ寝ます。

おやすみなさいっzZ