復職してきました。

電車で死にかけました

今日は、朝は起きれました。

で、寝れていたので顔を洗って服を着て、祖父母からいただいたお寺のお供え物を食べていざ出陣!

もうバイクで、走っている最中とても清々しかったです。

何というか、復職出来るんだという安心感と希望と言いますか、やっぱり正社員で働くことってきついですが何とも言えない輝きは感じました。

で、電車に乗るまでは良かった。

乗ってから、座って眠っていました。

f:id:purinja:20170916000607j:plain

で、ふと起きると、人の顔がとても気になって色々な人の顔を見てしまった。

で、人の視線が気になりはじめてガチガチに身体がこわばってしまいました。

もう、何というか、動けなくなりそうだったのですが、何とか下車駅で下車することができて一件落着と思いきや、最後の乗り換えの駅を下車した途端にフラつくフラつく。。。

ぁあ、この階段を登れば会社だと思った瞬間、吐き気が猛烈にしてきて嗚咽をこぼした。

でも、何が何でも今日は行くって決めたから、今までの休職期間で知り合った人やブログなど思い出して一歩一歩前進して、エレベーターに乗りました。

復帰後初出勤

社内へ入ると、俺はいきなり

俺「おはようございます。この度は、休職で 長らくご迷惑をおかけしました。」

と言った瞬間、新人が2人だけしか社内に居なかった。

それで、会ったこともない人が居たのでとりあえず挨拶する。

f:id:purinja:20170916001229j:plain

俺「初めまして!今日から復職させていただきます、〇〇と言います!よろしくお願いいたします。」

新人Hさん「こちらこそ、よろしくお願いいたします!」

俺「出勤システムがログインでlkdsじゃlkdじゃljのですが、知ってますか?」

新人Hさん「へ?」

俺「(いかん!)出勤システムが、ログインできないのですかご存知でしょうか!?」

新人Hさん「俺はちょっとわからないから、もう一人の新人Kさんなら知っているかもしれないです。」

俺「ありがとうございます、また後で事務員に聞いてみます。」

と・・・話しているところで、同僚が登場。

俺「この度は、ご迷惑をおかけしました。今日から復帰になりましたので、どうかよろしくお願いいたします。すいませんでした。」

同僚Y「無理は良くない、無理せずにゆっくりやっていけばいいですから。よろしくお願いいたします。」

俺「(ぁあ、なんて優しい同僚なんだ)ありがとうございます、色々と引き継いでくださってたみたいで、すいませんでした。」

と・・・ここで上司W登場!!

俺「この度わぁ!!本当にすいませんでしたぁあああ!!!」

上司W「ぉ、お久しぶりです(笑)元気そうで、何よりですが、無理せずまた頑張りましょう。」

俺「ありがとうございます、色々と頑張っていきます!(返事だけは元気です!)」

と・・・ここで上司K登場!!!!!!

俺「この度わぁぁあああああ!!」

上司K「ぁー、おはよう!どう、体調良い?」

俺「はい!もう大丈夫です!」

上司K「それは良かった、とりあえず上司Wさんの言うことを聞いて頑張っていきましょう。」

俺「ありがとうございます、長らくご迷惑をおかけしてすいませんでした。」

上司K「了解です、来れて良かったです。」

と、ここで・・・社長登場!!

俺「お久しぶりです!社長、色々とご迷惑をおかけして」

社長「来てくれて何よりです、頑張って

俺「はい、ありがとうございます!」

と、もう俺は色々とスタミナ切れ状態でした。。。

そんなこんなで、とりあえず、メールの設定や仕事などを上司Kさんから教えてもらった。

で、もう本当に考慮してくれているような誰でも出来るような仕事です。

とてもありがたいと思ったのですが、正直これで良いのだろうか。。。

で、リモートミーティングにて・・・

上司T・S「おはようございます。」

上司K「今日は、〇〇さん復帰してまーす」

俺「この度わぁ!!長らく休職させていただき、本当にご迷惑をおかけしすいませんでしたぁああ!!」

上司T「お久しぶりです!見えないです〇〇さん(笑)」

俺「この辺に来たら良いですか?」

と、ここで上司K登場。

上司K「ぇー、知っていると思いますが、今日から〇〇さん復帰になりました。〇〇さんは、仕事がまだそんなに出来ないと思うので、とりあえずはWさんの指示に従ってこの会議は一応出席という形でやっていきましょう。以上。でわ、仕事の話に移りましょう。」

って感じで、色々と俺の挨拶はこんな感じで終わりました。

ただ、色々と他にもメールなどで挨拶など社員さんには挨拶する必要があったので大変と言えば大変でした。

でも、やっぱり感謝の気持ちは出て来ました。

1人ぐらい、悪いこと言われても仕方ないと思っていたのですが、誰1人嫌なことを言って来る人はいなかったです。(初日だからかもしれませんが)

本当に、引き継いでいただいて、身体の心配をしてくれている人達ばかりで涙が出そうになりました。

俺は、この会社で一生やっていこうと決心しました。

本当に、こんなに恵まれていたのだったと復職初日で思わぬことを感じました。

で、調子に乗って俺は言ってしまった。

全社員メールにて、
俺「全ての仕事をこなせるように、何としても努力して早く消化していけるよう努力いたしますので、どうかよろしくお願いいたします。」

結果、色々な社員さんから、
「無理して前の状態に戻っても意味ないから、とばすことだけはやめておこう。」
とか
「もっとゆっくり頑張ろうよ」
とか心ある言葉をいただきました。

俺はすぐ調子に乗ってしまう性格なので、駄目ですよね。(汗)

で、昼に上司Wさんから「〇〇さん、昼休憩行って来てくれていいからね、あと戻って来たら個人宛メールチェックしといて多分めっちゃあるから(笑)」と言われたので昼休憩にいきました。

昼休憩後、衝撃の事実が

昼休憩が終わり、メールをチェックしている最中、俺宛のメールを見ていると、、、 とんでもないことが書かれていた

それは、俺が以前にお客様からいただいたファイルを改造したのですが、それがおかしくてクライアントから苦情がきていたらしく、下手すると自社製品のキャンセルするという内容だった!!!!

俺は、このメールを見た瞬間、当時が蘇り、とてつもなく前が見えなくなった。

で、メールの過去を追っていると上司Wさんがその引き継ぎをしてくれていて、なんと俺の作ったモジュールを改造し直してお客様へお渡しして問題を解決してお礼の言葉までいただいていたのだった。

これには、頭が上がらなくて上司Wさんに、本当にすいませんでしたと謝った。

上司Wさんは「そんなんんあったっけ?」って、誤魔化してくれていた。

俺は本当に何やってたんだと。

で、他のメールをチェックしていると出るわ出るわ俺の担当していたお客様のトラブルが。。。

そのトラブルを、色々な社員さんが解決してくれているメールも。

どんだけ俺は無責任なことしてしまったのか。。。

もう目眩がしてきて、トイレに行って顔を洗ってました。

涙も出そうになりました。

やっぱり俺、駄目だったんだと、帰って来るべきではなかっただろと。

ここへ来て、自分のしたことの無責任さがひしひしと感じてきた。

と同時に、自分の無力さを呪ってやりたくなりました。

他の社員さんは頑張っているのに、俺はなんなんだと。

それに、ある社員Mさんがメールで「上司Wさん、相当苦労しはったみたいで、まだ苦しんでるようだから助けてあげてね。」とだけメールがきていた。

俺はもう返す言葉がなかったけど、
「はい!何としてでも1つでも負担を減らせるように努力します!」
とありきたりな言葉でしか返せなかった。

本当に、この先やっていけるのかは、不安でしかないですが、ここまでくれば前へ進むしかない。

それに、他の社員さんが「もう休職はないですよね?」と聞かれて俺は「100%ありません、退職も!」と答えてしまった。

本当に、それしか言えなかったが、俺はどう言えばよかったかわからなかった。

もう休職は許されない。

復職初日の感想は、 順調に挨拶などは出来たと思いますが、やっぱり疲れました。

もうめっちゃ気疲れとかしてしまって、顔もひきつってました。

けど、良い復帰初日だったと思います。

来週からは、本当に復帰となるので色々と考えてしまいますが、もうここは一歩も下がらず、頑張るしかないと思っています。

ここで引いてしまうと、何も出来ない。

無理は絶対しない。

だけど、引くこともしない。

進むのが無理なら、引くことではなくそこで止まろう。

止まるのが無理なら、進もう。

ちょっと強引かもしれませんが、俺はこれでやっていこうと思います。

打たれても打たれても、前へ進む。

そんな人に俺はなりたい。