久々に友人に会ってきました

ちょっと意外やった

なんというか、友人と会ってきたのです。

で、色々と話したのですが、意外にも友人は俺よりもしんどい状況みたいでした。

ア○ウェイとかの話もされたのですが、それよりも順風満帆な人生を送っていた友人と思っていたのに、かなりボロボロで頑張っててとても前向きな発言ばかりしていた。

強がりか?と思ったが、瞳は真剣でした。

なんというか、勇気をもらった(汗)

で、友人にmacbookを見せた。

友人I「ぉお、すごい!なんでproにしなかったんや!

俺「macbookで十分だし、持ち運びたかったからこれにしたんよ!

友人I「なるほど!

俺「俺はこれ買って、フリーランスで生きていこうと考えてて、休職中にアプリ作ったり人に会ったりしていたんよ。雇われじゃなく、フリーランスってどう思う?

友人I「凄く良いと思うよ!自分に技術があるなら!とりあえず動くしかないよ

俺「だよな!

俺の予想では、友人Iはやめとけって言うと思った。

現に、以前フリーランスをすると言ったときは今は雇われじゃないと厳しいと思うと言っていた。

なんというか、この友人Iの発言は結構すごいのだ。

なにが凄いかというと、予想出来ない様な人生がひっくりかえるような発言を過去に何度かしている友人I。

たとえば、学生時代に友人Iがデザインで賞をとると発言し、半年で学年最優秀賞を受賞し大手デザイン会社から表彰状をもらっていたり、デザインやめてネットワークビジネスに専念すると言ったら1年間寝ずに月収何十万ぐらいにしていたり、有言実行する人なのだ。

そんな友人Iがフリーランスを認めたことが、俺には予想外だった。

で、友人Iに言われたことは

それで、youが動けるならそっちのが良いと思うよ!

俺は今の仕事より、フリーランスのが動けるかと言われると正直分からない。

今はまだフリーランスの方向性もぐだぐだで、何からはじめていくかわからないし、まだ定まってないけど、とりあえず動くことからしていこうと思った。

友人も忙しそうだったので、30分ほど話して別れた。

今回、友人と会って良かったと思った。

最初はためらいがあったし、今の俺を見てもらいたくなかったけど、勇気を出して会って良かった。

今回だけじゃなく、勇気を出して色々な人と会うようにしていこうと思いました。

関係ないけど、過保護のカホコ、泣きそう。。。