復帰が1週間伸びました

通院

今日は、療養のため通院している病院に行ってきました。

私「先生、明日から復帰をしようと考えているのですが」

医師「駄目だよ無理してちゃ、まだ無理です。」

私「けど、職場に言ってしまって。。。返事はまだですが。」

医師「あと1週間は休養する必要があります、薬を今日新しいの出すのでそれで病状を見ましょう。」

私「はい。。。では、職場に連絡してみます。」

とのことで、勝手に決めた復帰が1週間延ばすことに。

帰宅後・・・

私「●●です、復帰は医師から言われた1週間後というかたちでよろしいでしょうか。変更になってしまいすみません。」

・・・

返事が返ってきませんでした^^;

まぁ、全て自分で勝手に決めてしまったわけだから、突然の変更で見てないのかなぁ。。。

明日、復帰するわけにもいかないし、とりあえず明日の連絡を待とう!

久々の実家に戻ると

親からは、色々とまぁ罵声をされました。

「何故、この時間にきたの」

「まだ仕事行ってなかったの!?」

「本当に、屑!」

帰るんじゃなかった、実家。。。

本当にうちの親は何一つ、私の病気については理解がありませんでした。

昔人間で、20歳になれば子供は巣立つという考えの親で、強制的に自立させられました。

はっきり言ってこの歳で親のことどうこう言いたくないが、出来ればもう親とは会いたくない。。。

再来月に親戚が結婚するので、その親戚の自慢話ばかりで俺のことは屑呼ばわり。。。

はぁ、鬱病が悪化するはこれだと。

本当に、お金さえあればこんな地元にいるんじゃなく遠い地域へ行きひっそり暮らしたいです。

まぁ、感謝することもあることはあるので今は仕方なく親とたまに会ったりすることにしています。

Androidアプリリリースその後

以前に、

macbookoflife.hatenadiary.jp

↑記事でリリースしたアプリが、

f:id:purinja:20170831214028p:plain

今のところ、6人ダウンロードしていただいております。

そのうち、父親、友人、紹介者、自分で他2名の方が一般ユーザーの人になります。

1人でもダウンロードしていただくと、すごくうれしくなります。

色々とレビューをいただき、それを参考にバージョンアップを目指していきます!

今のところ頂いているレビューとしては、「説明書画面」、「モードを選べるようにする」、「タップしたとき赤点にhitしたエフェクトをつけてほしい」など感想をいただいております。

こちらについては、出来れば実装して全てバージョンアップ時に公開していこうと考えています。

今のところ、寝る前にダウンロードされた数を見ることが私の幸せな時間となりつつあります。

やっぱりマーケティングの知識は必要ですね、アプリを紹介することって開発と同様ぐらい必要かもしれない(汗)

関係ないけど、過保護のカホコ面白いですね! カホコ可愛いくて面白いから、つい見入ってしまいます^-^;